ビル・マレーは、セレナ・ゴメスが生きていたら、彼のお母さんに紹介したでしょう

ビル・マレーは、セレナ・ゴメスが生きていたら、彼のお母さんに紹介したでしょう

ビルマレーは当初、セレナゴメスが好きではないと思っていました。

手術前のリル・キム

映画「ニューヨークプレミア」で、26歳の歌手兼女優である「The Dead Do n’t Die」に出演するマレーは、彼女を誤解したと語った。

「私は彼女が好きだということを知った」とマレー(68)は雑誌に語った。 「5500万人、10億人のフォロワーがいる人についての先入観が何であれ、多分、彼女は自分がそうであったとは違うと思っていたのだと思いました」。

マレーは、「私は彼女をとても楽しんだ。私は彼女が大好きです'。

ゾンビホラースターは、ゴメスと知り合いになったので、何年も前に会ったことがあり、1988年に亡くなった母親に彼女を紹介したと付け加えました。

「母が生きていたら、彼女を家に連れて帰ります」とマレーは冗談を言った。セレナに会ってほしい。

マレーはまた、カンヌ映画祭で映画の初演を行ったゴメスについても噴き出しました。

マライア・キャリーとニック・キャノンの離婚

「私は彼女が本当に好きだ」と彼はバニティフェアに語った。 「つまり、あなたはまだ地獄のセレナ・ゴメスが誰なのか教えてくれません-しかし、ゴメスは本当に好きです。彼女は異常に明るいです。彼女は優しくて自然です」

興味深い記事