アンジェラ・シモンズの元ショット13回、検死が明らかに

アンジェラ・シモンズの元ショット13回、検死が明らかに

アンジェラ・シモンズの赤ん坊のパパを殺害したとされる男が彼を13回撃ったと彼の検死は明らかにした。

ページ6が以前に報告したように、11月に彼の私道に立っていた男性が彼女の元サットンテニスンを何度も撃った。現在、彼の検死は、TMZによると、彼が胸部、胃、脚、腕に13発の銃弾で屈したことを明らかにした。フルトン郡医療検査官は、3発の銃撃が彼の心臓に「莫大なダメージ」を与え、臓器のいくつかの部屋に穴を開けたと述べた。

レイチェルプレートネイキッド

また見なさい

アンジェラ・シモンズは、元の悲劇的な死の前に親権の戦いで

「Growing Up Hip Hop」の元サットンテニスンが殺された…

銃撃からわずか数日後、マイケル・ウィリアムズは11月3日のドライブバイ射撃で殺人罪で起訴された地方自治体に引き渡しました。テニスンと31歳のシモンズ-Run DMC Run Runの娘であり、「Growing Up Hip Hop」で主演する-は、父親にちなんで名付けられた2歳の息子Suttonを共有しています。テニスンは37歳でした。

警官は、ウィリアムズと言われる別の男との議論の後に、テニーソンが私道で射殺されたと信じていた。警官は、殺人に加えて重罪の委託中に致命的な武器と銃器の所持で悪化した攻撃でウィリアムズを起訴しました。

興味深い記事